ブログBLOG

No970【プラスワンの新築】土地の規制について【名張・伊賀・奈良の新築住宅】

プラスワンの新築 名張店 鈴木です。

名張・伊賀・奈良で新築をお考えの方で新築を建てる時に土地から探して新築を建てる方が大半だと思います!!

売りに出ている土地があれば、問題無く建てる事ができると思われると思いますが、そうで無い場合もあります。

土地に関係する規制関係について今回は記載します!!

用途地域と言われる規制があります、市街化区域と言われる地域以外は、12種類の用途地域のどれかに当てはまりますので、購入前に確認が必要になります。土地によっては建てれる大きさの制限があったりしますので、注意をしましょう。

地目が宅地になっていない地域もあります、その場合は地目変更をおこなう必要もでてきます。

建築費用に関係する、地域

➀防火地域・準防火地

火災がおこりにくい仕様の建物しか建築が不可能になります。

この地域を選んだ場合は新築建築会社と、どのような建物なら建築できるかの相談をしましょう。

②木密地域

木造住宅ばかりが建築されている地域になります、新築を建てる場合は耐火性能なども関係してきますので、建築費用が上がる場合もあります。

建ぺい率と容積率

建築面積の上限は「建ぺい率」延床面積の上限は「容積率」で決められている「高さ制限」「北側斜線」などさまざまな規制がある。希望の大きさの家が建てられるか、事前に確認が必要になります。

名張の土地の区画であれば、60坪からの土地が多い為、建坪36坪の大きさくらいまでの家は建てる事が大半の土地であれば大丈夫です!!

名張・伊賀・奈良【宇陀・桜井・郡山】で【月4万円から高性能なスマートハウス プラスワンの新築】

ブログ一覧に戻る

PageTopPageTop