ブログBLOG

No1005【プラスワンの新築】新築で使われる畳の種類【名張・伊賀・奈良の新築住宅】

プラスワンの新築 名張店 鈴木です。

名張伊賀で新築をお考えのお客様で、新築を建てる時に和室を造るか悩まれる方もいらしゃると思います。

今回は、新築の和室に使われる畳について記載します。

畳の素材を2種類に分けると人口的に造られた樹脂の畳・自然な素材で造られている、い草畳になります。

それぞれの特徴を記載します。

自然素材で造られて昔から新築住宅での使用が多い畳、い草畳

1、温度調整ができる

空気が乾燥していると、水分を放出・湿気が溜まっていると湿気を吸い込む

2、消臭効果

ペットの・たばこの匂いを軽減する効果あり

3、リラックス効果

畳の匂いで落ち着く事が多いと思います、リラックス効果もある独自の香り

い草の畳の中でも新築住宅で最近人気の高い商品が、琉球畳になります。

簡単に記載すると市松模様に仕上げる事ができ、和室なのに洋風な仕上がりになる畳です。

新築を考える方の中には、黒とグレーをマダラにした仕上がりが人気があるようです!!

樹脂畳

新築で最近注目が上がっている樹脂畳どのような特徴があるかを記載します。

1、汚れに強い

水に濡れても、染み込む事は無く拭き取りでキレイになります。

2、耐久性が強い

長年使用しても、通常の畳に比べて色褪せ等がおきにくい素材の畳になります。

3、湿気がおきにくい

掃除もしやすい、素材になりますのでダニの発生を抑制する事も可能です。

4、カラーバリエーションが多い

何パターンものカラーがあるので、組み合わせが自由です。

おしゃれな和室を造れる為、新築住宅に最適です。

昔からの畳独自の味わいを求めるなら、い草畳を新築住宅でオススメします。

手入れをおこないやすく。オシャレを求めるのであれば、新築住宅にい草畳をオススメします。

プラスワンの新築では、どちらもご紹介できますのでご相談下さい!!

名張・伊賀・奈良【宇陀・桜井・郡山】で【月4万円から高性能なスマートハウス プラスワンの新築】

 

ブログ一覧に戻る

PageTopPageTop